ブロンプトンと共に青春18きっぷで秘湯・宝川温泉へ!

ブロンプトンに5年以上乗ってきた私が声を大にして言いたいこと。それは輪行するならブロンプトンである!ということです。輪行袋にパッキングするのも輪行袋から出して走行形態に戻すのも超簡単。気合を入れなくても輪行できるので、遠出するときにはいつも連れて行き、目的地に着いたときの移動手段として活用しています。

今回は、以前から興味のあった「宝川温泉」へ、青春18きっぷを利用してブロンプトンと小旅行してきました。

ブロンプトンと共に青春18きっぷで秘湯・宝川温泉へ!

群馬県にある「宝川温泉」には、JR水上駅からアクセスします。水上駅へは青春18きっぷを利用。通常の乗車券なら上野駅~水上駅は往復6160円ですが、青春18きっぷなら往復2410円です(1回分の利用料で計算した場合)。かなりお得なので、青春18きっぷが利用できる春夏冬は必ず購入して、今回のように大いに活用しています。水上に来たらいつもは「天狗の湯きむら苑」ですが、今回は「宝川温泉」。あこがれの温泉へ向かいます!

小雨のぱらつく水上の景色に感動!

目的地の「宝川温泉」までは上り基調。走行性能がママチャリレベルのブロンプトンで走れば疲れますが、雨の降る幻想的な水上の景色がその疲れを和らげてくれます。

さすが水上。雨でもキャンプ場は盛況。肖像権の問題があるので写真は撮りませんでしたが。。。

湯の小屋・宝川方面からアクセス

目的地には湯の小屋・宝川方面からアクセスしました。急な登り坂の後、急な下り坂が現れます。両極端すぎる坂道に、ならして平にできんのかと怒りがこみあげてきます。

上り坂の途中に補給できそうな場所がありました。

坂を下った先の橋の上からは幻想的な景色が広がります。川面に霧が発生していて思わず写真を撮りました。

ここまで来れば、目的地まではあと少し。

「ら~めん武尊」の前にある二股の道を左へ。

宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)に到着

山奥にひっそりと佇む「宝川温泉 汪泉閣」。立派な門が出迎えます。

コロナの影響で客足が減少しているのか、1000円で日帰り入浴できるキャンペーンを実施していました。

写真が撮れないのでパンフレットの画像でご容赦ください。 宝川温泉 汪泉閣には内湯のほか、写真にあるような露天風呂があります。湯舟はいくつかあり、湯舟と湯舟を移動して楽しむことができます。

アブの多さには辟易させられましたが、川のせせらぎを聞きながら湯につかり、大いにリラックスできました。

帰りは藤原ダム・宝台樹方面から

帰る前に腹ごしらえと思ったのですが、コロナの影響で 「宝川温泉 汪泉閣」 の食堂は閉まっていました。代わりに行きに見かけた「ら~めん武尊」で食事をとることに。味噌ラーメンを注文。汗で流れた塩分がこの味噌ラーメンで補給できました。 美味美味。

帰りは行きのコースとは違う藤原ダム・宝台樹方面のルートをチョイス。

帰りの藤原ダム・宝台樹方面ルートは、ほぼ下り坂でした。帰りのルートはこちらが正解のようです。

帰りのおやつは名物・湯乃花饅頭!

電車に乗ったらコーヒーと湯乃花饅頭でブレイクタイム。車窓の景色を楽しみながら東京へ向かいます。水上駅~渋川駅の景色は、何度見ても感動します。

まとめ

交通費 2410円 +入浴料1000円+食費1200円とお得に温泉旅行を楽しめました。青春18きっぷが利用できる期間は小旅行もはかどります。上越線沿線はやはり楽しい!今度は後閑駅からブロンプトンで「法師温泉」を目指すなんてのもいいかもしれません。

ブロンプトンがあれば小旅行は気軽にできます。輪行が簡単なうえ、電車が到着した駅からの移動手段として活躍してくれます。青春18きっぷが使える期間は、さらにお得に小旅行できます。みなさんも一度ためしてみてはいかがでしょうか?

撮影機材:SONY RX100 M7




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です